仕事や生活をより「楽しく」「効率的に」にするためのTips(ライフハック)ノートブログ

痩せるシンプルなルール? 〜腹筋してもなぜ痩せないの?〜

痩せるシンプルなルール?HitttonNote

「TVでオススメされてた逆腹筋やってるのに痩せないなぁ」

ぽつりと、最近こんなセリフを家族からききました。
でもその理由、きっと冷静に思い出せば頭では分かってるんですよね、、


このツイートを見かけて
私もハッとしました。

このシンプルなルール、知ってるのに気づかないふりをしたいのか、
考えないようにしてたのかもと。。^^;

そこで、あらためて、シンプルなルールと向き合ってみました。

痩せるシンプルなルール 


【シンプルなルール】

なぜ痩せないのか?なぜ太るのか?

それは、

摂取カロリー < 消費カロリー(基礎代謝+運動量) 

なら痩せていきやすい
逆の状態だと太っていくというシンプルなルール。

じゃあ、自分がどれくらいの消費カロリーの生活をしているのか確認してみましょう。

私の場合

1,264kcal(基礎代謝) + 230kcal(運動) = 約1500kcalまで

▼参考:基礎代謝 簡易計算サイト
https://keisan.casio.jp/exec/system/1161228736


つまり1食500kcalに抑えないと太る計算です。

これってどれくらい食べてもいいカロリーなのでしょうか?

ざっくり、
  • 一食あたりヘルシーなお弁当で500kcal
  • 普通の外食で1000kcal前後

と考えて、数字だけでみると簡単にカロリーオーバーしちゃうということが分かりました。
(こりゃ何もしなかったら大食いじゃなくても太るはずです^^;)

超えたカロリーを運動で補うには?


では、基礎代謝が低い場合、運動でどれくらい補えるでしょうか?

たとえば、
間食で大判焼き(200kcal)を食べすぎたら

プラスで私の場合、
30分ウォーキング:消費120kcal くらい
みたいなので、50分のウォーキングをしないと帳消しにならない計算。。
割とハードですね^^;

▼参考 ウォーキング 簡易カロリー計算


カロリー計算の考え方の注意点


簡易的なカロリー計算でざくり現実を自分に突きつけやすくしたわけですが、
シンプルに捉えて理解しやすくしたあとは
もう少し細かいところも忘れずに、、

  • カロリーの栄養素・・良質タンパク質のカロリーか砂糖のカロリーかで同じ100kcalでも違う
  • 筋肉量・・簡易計算サイトはこれの考慮がない

超過分の運動を続けるのは大変なので
基礎代謝をあげれるように筋肉をつけることも大事なんですよね。

なので、ダイエット注意点としては、
単純にカロリーだけ低くしちゃうと、
脂肪でなく筋肉も痩せてしまって基礎代謝自体がさがってリバンドの原因に。


まとめ


ダイエット界隈で言われる基本的なことですが、

健康的に痩せるには、
・自分の「摂取カロリー < 消費カロリー(基礎代謝+運動量)」 の範囲を知って、おさめる
・カロリーの内訳栄養の質をあげる(良質タンパク質、ビタミン > 脂質、糖質)
・筋トレで基礎代謝up

ということにちゃんとあらためて向き合って、
できることコツコツ気をつけていきたいなと思います^^


関連おすすめ記事:

健康習慣で、気がついたら1ヶ月で-2.5kg、半年で約-5kgも痩せてた!
https://like-note.com/blog-entry-3.html


関連記事